おむつかぶれがひどく、追い詰められ皮膚科を受診

現在、3歳と1歳になる姉妹の母です。

今回、おむつかぶれが酷かったのは下の子なのですが、産まれて、1ヶ月も経たないうちから、お尻が斑点模様になり始めました。

2人目という事もあり、1ヶ月検診で処方された塗り薬を塗れば、すぐ治るだろうと、その時はそこまで深刻には捉えていませんでした。

母乳だった為か、便も柔らかく、回数も多く、その度に洗って、乾かして、薬を塗って…と繰り返しても良くなりませんでした。

そして、1ヶ月検診で処方された薬がなくなった為、小児科へ行きました。

すると、「お母さん、拭きすぎ!これ相当ひどいよ!」と言われてしまいました。

そこで、中程度のステロイドが入った塗り薬を処方され、また様子を見ることとなりましたが、数日後、症状が酷くなり、次は皮膚科に行きました。

そこでは、「ちゃんと拭けてないです。もっとしっかり拭いて。かなり酷い状態です。これからは、こちらを使ってください。」と、小児科で出されたものより強いステロイドの塗り薬が処方されました。

ただでさえ、精神的に追い詰められてる中、小児科と皮膚科でおむつかぶれに対する処置の仕方が違っていて、私自身も混乱していましたが、なんとか皮膚科の先生に言われたように行っていました。

ですが、3回くらい塗った後、かなり赤みを帯び始め、また悪化してきたのです。

その為、独断ですが、薬を塗るのをやめて、ネットでおむつかぶれに効いたと言われるものを一つづつ試していきました。

最終的に、お尻拭きの代わりにコットンで拭き、よく乾かす事が合っていたようで、良くなっていきました。

今では、ほとんどおむつかぶれになる事もなく、一安心しています。

当時は、上の子にはなかった酷いおむつかぶれや、先生からの言葉、全く効かない薬に不安や悲しみでいっぱいでしたが、最後は先輩ママさん達の助言に救われました。

本当に有難い気持ちでいっぱいです。

スキンケアという選択は駄目なこともあります

おむつかぶれ、皮膚のかぶれに赤ちゃん向けのローションやソープを使って‥という方もいますけど赤ちゃんの肌に合わせることが大事です。小児科や皮膚科の対処も間違えてることもあるのですから、スキンケアも過信は禁物と考えておいたほうが良いでしょう。

私のファムズベビー口コミ | 赤ちゃんに使って大丈夫?成分も調べて使ってみた
http://www.revistacienciasbiomedicas.com
とくにこういったスキンケアは注意して使ったほうが良いかと思います。

続きを読む »

吐きもどしの多い子供は元気な子供?寝不足も限界

2300グラムと少々小柄で生まれた待望の第一子!保育器に入ったり新米母は胸を痛めましたが、あっというまに体重は標準に追い付きました。そして新生児時代にはだれもが経験するであろう「寝ない子」状態・・・。もうろうとした頭でおろおろしながらただ大きくなるのを待つだけ。抱っこしてうろうろしてものけぞって泣く。やっと寝たと思って布団に置いたらまた泣きだす。順調に母乳も出ていたし、ミルク拒否もしない。でもうちの息子はおっぱいを飲みながら寝るという母にも子にも幸せな状態がほとんどなかったのです。飲んだあとは、必ず吐く。どんなに苦労してげっぷをさせても、吐く。口からだらり、ではなく豪快にゲポーっと。そして肌着を汚す。母着替えさせる。息子、泣く。とりあえず母乳房を含ませる。泣きやむ。そして吐く。

エンドレスループで夜明けを迎える。本当に毎夜毎夜いやでした。幽門が閉じていないから吐きやすいだけ、それは個人差であり病気ではないと理解していましたが連日寝不足でぼーっとした頭と心には響いてきませんでした。なんでこの子はこんなに吐くの?どこかおかしいの?私の育て方が悪いの?いくら隣の奥さんや実家の母が「単なるオーバーフローだよ」と励ましてくれても、そんなことはどうでもいい!ただひたすら寝たい、いつになったら吐かなくなるの!だれか教えて!と心で叫び続けていました。息子を小さく産んでしまったという引け目があったこともあり、寝不足もあいまって私は円形脱毛症になってしまいました。ふとしたことで読んだ育児書に「元気な男の子ほど吐きやすい」という一文が本当に光明に見えました。どこか腹をくくったというか。元気ならばしょうがない!やったるで。みたいな感じでしょうか。結局息子はゲポっと吐くこと自体は成長に伴って減ったものの、明らかにほかの子より吐きやすく大泣きしたりせき込んだりしたらその拍子に・・・という具合です。

続きを読む »

吐きやすい子で服の洗い替えが足りないほどに…

私の娘は生まれてから5ヵ月位まで、本当にすぐに母乳やミルクを吐いてしまい、スタイをつけたりタオルやガーゼハンカチをつけたりしてカバーしても服まで濡れてしまい、すぐに着替えさせないと行けなくて、冬の夜中なのに服が足りなくなってしまってバスタオルや毛布でくるんで、暖房で部屋をかなり暖かくして乗り切ったこともありました。

洗濯乾燥機を夜中に何度回したことか分かりません。

その時は本当に一軒家でよかったと思いました。

あまりに吐くので病気ではないかと心配して病院にも診て貰いましたが異常はなくて、ゲップの出させ方が上手くないのではないかと指摘され、やり方を教わったものの、ゲップをしっかりさせて30分くらい縦抱きで吐かないように気を付けても、相変わらず吐いてしまって、あまり変わりはありませんでした。

体重も増えていて吐いた後にまた吐いた分を取り戻すかのように母乳を飲みたがったりと、健康面に問題はありませんでした。

そうでなくても新生児~3カ月位までの育児は24時間体制なので、本当にノイローゼのようになっていましたが、4カ月頃から、吐くには吐くものの、だんだん量が減っていきました。

そして、離乳食を始める頃には、不思議なことにほとんど吐くことがなくなりました。

今は離乳食をしっかり三食食べる食欲旺盛な子供に育っていますが、一日に食べる量は平均通りなものの、一度に食べられる量が少なめな子です。

今になって思うと、胃が小さいと言う個性がある子なので、大変だけどこまめに授乳して吐く負担を減らしてあげさえすれば、健康も問題ないから心配しなくて良かったんだと思えますが、あの時は本当に毎日泣きたい気分でしたね。

続きを読む »

便秘がちな子で色々なところを汚してくれました

赤ちゃんはオムツ替えの度にオムツがうんちで汚れていると聞いていたのに、うちの子は産院で入院している頃からうんちは1日に1回でした。先生はそういう子もいると言っていたので最初は気にしていませんでしたが、退院してから度々赤ちゃんの便秘に悩まされました。

退院してからは毎日うんちが出ない日もあり、うんちの際は毎回顔を真っ赤にして頑張っていました。3日程うんちが出ないこともままあり、そんな時は出た時には生後1ヶ月でもカボチャアイスのようなしっかりしたうんちが大量に出てきます。

これを1ヶ月検診の時に病院でやってくれました。病院のベッドでうんちで汚れたオムツを替えているとその最中にまたどんどん出て来て来ました。まるで黄色いヘビです。焦って側に置いてあった新聞紙で受けましたが、赤ちゃんの服も病院のシーツもどろどろになってしまいました。看護師さんは笑って対応くれましたが申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

3日以上待っていても出ない日はベビーオイルを染み込ませた綿棒でお尻をくすぐってあげることもありました。これで大抵は大丈夫なのですが、赤ちゃんにしてはよっぽど便が固くなっていたのでしょうか。里帰りしていた実家の布団の上で凄まじい音のおならと一緒にうんちのロケット噴射をしてくれたことがあります。それは布団を汚しただけでなく1メートル以上離れていた私の母にも見事命中。悲鳴と笑いの混じった声が響き渡ったことは言うまでもありません。

周囲からは病院にかかる程ではないと言われたので様子を見ていると、生後半年頃には3日以上便秘ということは無くなり、綿棒などを使わなくても自力で排便出きるようになりほっとしたことを覚えています。前述の話は今では笑い話ですが、3歳になりほぼ毎日うんちが出るようになった今でも便はコロコロで、便秘がちな子なので食生活には気をつけています。

続きを読む »

子供の急な発熱時の病院探しと薬の飲ませ方

私は父親ですが、子供の体調について一番大変だったのは「休日または平日夜の発熱」でした。要は一般的にお医者さんが診察していない時間の発熱です。

37、38度程度であれば「一晩様子を見る」ということもできるのですが、39度を超えてしまうとそうもいきません。心配で夜なんて眠れませんし、子供だけでなく家内までダウンしてしまいます。

なので、そのような場合、私はとにかくインターネットをフル活用して、近所の「休日・夜間診療所」を探しまくりました。たとえ、「近所」でなくても「車で1時間くらい」の診療所や病院であれば連れて行きました。この辺は、ペーパードライバーだった家内に比べて、私がいれば、行動範囲(連れて行く病院の範囲)がグンと広がります。平日夜でも、祝祭日でも、ゴールデンウィークでも年末年始でも「車で1時間くらい」の範囲があれば、必ず1件くらいは探せるものです!

ただ、あまり「夜中」になってしまうと、逆に子供を疲れさせてしまうことになり、熱が上がってしまう…なんてこともありましたので「子供の様子を探りながら、病院へ連れて行くか否か臨機応変に判断する」事は必要でした。

また、病院に連れて行った後も「薬をウマく飲んでくれない」なんてことも度々でした。「泣き叫ぼうが何しようがとにかく口にねじ込む」と言っているお医者さんもいましたが、あまりにもかわいそうなので、ウチでは(ねじ込んだこともありましたが)ヨーグルトやゼリーに混ぜて食べさせたりしていました。ちなみにゼリーは「固める前」に薬を混ぜておいてから固めます。出来上がったゼリーには「薬の感じ」は全くありませんから、子供はすんなりと飲んで(食べて?)くれました。

続きを読む »

保育園に預けた途端、病気のオンパレードに

私の仕事の都合で、娘を11ヶ月で保育園に預ける事にしました。

しかし預けた途端に、保育園の洗礼が待っていました。

産まれてから熱など出した事が無かったのに、保育園に入園してから、2週間後に39℃台の熱が5日ほど続きました。

娘は元気に走り回っているのですが、食事がほとんど摂取出来ず、水分と栄養をしっかり摂らせる為、ミルクを飲ませるようにしていました。

時にはミルクも全て嘔吐し、脱水のリスクを考え、夜間に病院に緊急受診をする事もたびたびありました。

高熱続いた時には病院から処方された座薬使用しており、一時的に熱は下がるも効果は持続せず、3時間くらい経過すると、再び高熱になる事を繰り返していました。

風邪症状が落ち着き、ホッと一安心しても、数週間後にまた違う種類の風邪を引き、同じように何日も熱が下がらない状態が続きました。

また普通の風邪だけではなく、胃腸炎や手足口病などの特殊なケースもあり、2週間に1度くらいのペースで何らかの症状が出現するようになっていました。

私も育児疲れで抵抗力が弱っていた為か、子供の風邪や感染症のほぼ100%は私にもうつりました。

38℃の高熱や止まらない下痢や嘔吐、さらには手足口病による高熱や皮膚症状など。

子供の事で会社を休む事が多かったので、自分の都合で仕事を休む訳にもいかず、解熱剤を服用して仕事に行く事ありました。

そんな状態が1年近く続き、その年の年末にノロウイルスに感染したのを最後に、ほとんど風邪をひかなくなりました。

家族全員ノロウイルスに感染した状態で新年を迎える事になり、最初から最後まで何らかの症状に悩まされ続けた1年間でした。

続きを読む »

体格は良いけど病気がちな我が子

次女の子育ては2人目だからと、少し余裕を持っていたつもりでしたが、1人目とは成長スピードや体調面でも違う事が多く、戸惑いの連続でした。

体格はいいけど、病気がちで熱を出すことも多く、また熱もなかなか下がらず、39度近くの熱が1週間ほど続いた事があり、その時は見ているのもつらく、代わってあげたい、、と心底思いました。「月齢的に、突発性発疹の可能性が高い。熱が下がった後に発心が出るかもしれない。」と小児科では言われましたが、発心もなく1週間ほどで平熱に戻りました。その間心配で1週間のうちに3回小児科を受診し、先生には家での看病の仕方を指導していただきました。

また春先と夏には感染性胃腸炎にかかり、オムツの間からも漏れてくるぐらいの水のように流れる便が1日に10回ほど出るので、対処するのがとても大変でした。感染性胃腸炎の便はアルコール消毒だけでは効かないと調べて知り、便や吐瀉物が付いた場所は塩素系の漂白剤を薄めて、その都度吹いたり、汚れた服は別で手洗いし、そういった事を夜中もずっと繰り返ししていたのでかなり寝不足になっていました。ただ娘本人はあまり辛そうではなかったのが唯一の救いでした。

次女は母乳をよく飲み、離乳食も10カ月頃からしっかり食べてくれていましたが、長女が4カ月頃から2歳手前までよだれをたくさん出していたのに比べ、スタイが必要ないくらいによだれが少ない子でした。長女は、よく周りの人に「よだれが多いのは健康な証拠だよ」と言われていましたが、長女が病気をほとんどしないのを思うと、よだれが多いのは健康な証拠というのもうなづけるなと思います。

1歳を過ぎた次女は今もよだれはほとんど出しません。よだれだけが判断基準ではありませんが、まだまだ本人が意思表示がうまくできない分、母親として我が子の体調管理、しっかりやっていこうと思います。

続きを読む »