保育園に預けた途端、病気のオンパレードに

投稿者:

私の仕事の都合で、娘を11ヶ月で保育園に預ける事にしました。

しかし預けた途端に、保育園の洗礼が待っていました。

産まれてから熱など出した事が無かったのに、保育園に入園してから、2週間後に39℃台の熱が5日ほど続きました。

娘は元気に走り回っているのですが、食事がほとんど摂取出来ず、水分と栄養をしっかり摂らせる為、ミルクを飲ませるようにしていました。

時にはミルクも全て嘔吐し、脱水のリスクを考え、夜間に病院に緊急受診をする事もたびたびありました。

高熱続いた時には病院から処方された座薬使用しており、一時的に熱は下がるも効果は持続せず、3時間くらい経過すると、再び高熱になる事を繰り返していました。

風邪症状が落ち着き、ホッと一安心しても、数週間後にまた違う種類の風邪を引き、同じように何日も熱が下がらない状態が続きました。

また普通の風邪だけではなく、胃腸炎や手足口病などの特殊なケースもあり、2週間に1度くらいのペースで何らかの症状が出現するようになっていました。

私も育児疲れで抵抗力が弱っていた為か、子供の風邪や感染症のほぼ100%は私にもうつりました。

38℃の高熱や止まらない下痢や嘔吐、さらには手足口病による高熱や皮膚症状など。

子供の事で会社を休む事が多かったので、自分の都合で仕事を休む訳にもいかず、解熱剤を服用して仕事に行く事ありました。

そんな状態が1年近く続き、その年の年末にノロウイルスに感染したのを最後に、ほとんど風邪をひかなくなりました。

家族全員ノロウイルスに感染した状態で新年を迎える事になり、最初から最後まで何らかの症状に悩まされ続けた1年間でした。